2018年12月8日土曜日

祝オープン!オーダーメイドエステサロン S Blanc Pétale (エス・ブラン・ペタル)

今日ご紹介させて頂くのは、三沢市に最近オープンした、オーダーメイドエステサロン "S Blanc Pétale "(エス・ブラン・ペタル)さんです。

オーナーのしのぶさんから以前、サロンのネーミングについて、フランス語でなにか良いものはないでしょうかとご相談を受けて、フィリップも交えて何度か、しのぶさんと意見の交換をさせて頂きました。そして最終的に、私がご提案した"Blanc Pétale" を、しのぶさんもご家族も気に入って使ってくださったのです。しのぶさんのご希望で、イニシャル"S"を付けて、"S Blanc Pétale "(エス・ブラン・ペタル)に決定!

"Blanc Pétale"は、直訳すれば「花びら・花弁の白色」です。あえて和色に当てはめてみれば、おそらく「白花色(しらはないろ)」という感じではないかと思います。純粋で清らかなしのぶさんのイメージに合わせて選びました。それにしても、しのぶさんのロゴのデザインのセンスが良くて、フィリップと感心しました。とても素敵ですよね!
・・・と、まるでサロン体験をして来たかのような口ぶりですが、実は違うのです。

私たちがこの日訪れたのは、お隣の鮨大竹さんです。このブログのこちらで何度も登場している、家族ぐるみで大ファンの格別美味しいお寿司屋さんです。次女のしのぶさんはご両親をお手伝いしながら、サロン(ご予約のお客様のみ)でもお仕事なさっているのです。若いのになんて働き者なんでしょう!
大竹さんでは、いつものカウンターでフィリップとランチに格別な天丼を。なんと、しのぶさんがネーミングのお礼にと、ご馳走してくださいました。しのぶさん、ありがとうございました!それにしても "S Blanc Pétale "(エス・ブラン・ペタル)・・・なんていい響きなのかしらと悦に入る、日曜日の晩であります。

鮨大竹 
三沢市岡三沢1丁目1の6
月曜日定休
TEL 0176-57-2923

オーダーメイドエステサロン
S Blanc Pétale "(エス・ブラン・ペタル)
鮨大竹さんの奥

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
                         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ
                       

2018年12月5日水曜日

祝開店!~日本酒処 裏町酒場

最近は、仕事以外で出かけるのがすっかり億劫になってしまい、夜の外食がめっきり減ってしまいました。何しろフィリップがお料理上手なので、私にとってはおうちごはんが一番なのです!

けれども先日の土曜日は特別。フィリップと2人でいそいそと出かけたのは、その晩に正式オープンした日本酒処 裏町酒場です。
三沢市なかよし公園のすぐそば、裏道にある中央町2丁目エムズプラザ2の1Fの奥ですよ。「裏町酒場」というネーミングがぴったり。店内は真新しく、品が良く洗練された雰囲気なのでびっくり。広い客層に親しまれそうな、とても居心地の良いお店です。

日本酒処 裏町酒場
三沢市中央町2丁目5-7
M's プラザII 1F奥
TEL 0176-27-1057

そして、この素敵なお店をオープンなさった店主がこちら!
私たちが大好きな「居酒屋あんたが大将」で腕を振るっていらっしゃった、織笠一幸シェフが独立なさったのです!織笠シェフ、本当におめでとうございます!

さて、まずはフィリップと乾杯。彼は生ビールですが、私はノンアルコールビールで。
続いてフィリップは、おすすめの日本酒をちびちびと。種類が豊富なので、日本酒ファンにはたまらないお店だと思います。

私たちがつまんだのは、ヒラメの刺身、
タコの唐揚げ、
ごぼうスティック、
甘エビとイカの刺身、
レンコンのエビすり身はさみ揚げ、
そして、揚げ出し豆腐。
お料理は織笠シェフがひとりで切り盛りなさるので、もう大忙し。

私たちはシェフの動きが見えるカウンターを予約したのですが、その背後にある小上がり(掘りごたつ式で足が痛くならない!)では、35名以上の方たちが2時間飲み放題の宴会で盛り上がっていらっしゃいました。お料理がどんどん運ばれて、凄いボリュームでしたよ。宴会にもおすすめですね。

そうそう、ソファとテーブルが置かれた小さな個室もありました。あぁ、また行きたいぞーと唸る、水曜日のお昼休みであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
                         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2018年12月1日土曜日

田んぼを眺める2018その7

今朝の三沢市の気温は零度。湿った雪が静かに降り続いております。

昨日の朝は、私にとって六ケ所村まで初の雪道通勤となりました。
美しい雪景色の中、普段よりはスピードを落として慎重に。心配する程のことはなく、とても気持ちよく走ることができました。それよりも夕方、溶けた雪が凍りはしないかと心配だったのですが、すっかり乾いていて大丈夫でしたよ。こうして少しずつ慣らしていけば、冬もあまりストレスを感じずに通うことができるかしら。
なにしろフィリップがお弁当を持たせてくれたり、ガレージから車を出してエンジンをあたためておいてくれたりするので、私は幸せ者です。

さて先週は、職場で一大イベントがあり、イタリア、フランス、スペインから4人のエキスパートがいらっしゃっていました。彼らの滞在期間中、少しでも快適に過ごして頂けるよう、上司や先輩とあれこれ気を配りました。これぞ日本のお・も・て・な・し。けれども欧州の方々は、基本的になんでも自分で自由にしたいはずというのが、私の経験上の考えなのです。あまりに何もかもこちらでお膳立てしてしまっては、かえって相手に窮屈な想いをさせてしまいます。そのあたりのさじ加減が大切。幸いイベントは成功して、何のトラブルもなく、みなさん無事にお帰りになって安心しました。

いつもながら、週末はほっとして気が緩むせいか、どっと疲れてしまい、あまり遊びに行けません。けれども今夜は特別。フィリップと久しぶりに夜遊びをする予定なのです!でもそれまでに電池が切れそう。午後にはお昼寝しなくちゃと眠い目をこする、土曜日の午後であります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
                         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2018年11月22日木曜日

雪道走行準備万端ですよ

前回「これぞフランスの家庭的なりんごのタルト」を更新してから、あっという間に2週間以上も経ってしまいました。みなさん、お元気ですか?

おかげさまで、フィリップは痛みも消えて、すっかり元気になりました。でも、砕けた結石の粉がまだ腎臓付近に残っているようなので、残念ながら完治とは言えません。年末にまた検査して頂く予定です。早くすっきりして、全快のお祝いをしたいものです。

私は、ほっとした途端に風邪を引いてしまいました。まるで、道端で喉を詰まらせた老犬のような、なんとも不気味な咳が数日間続きましたが、やれやれ、やっと良くなりました。先週の土曜日、かかりつけ医のところへ行くと、待合室は予防接種を受ける人でごった返しており、結局診てもらうまでに3時間半もかかってしまいました。もう病院はこりごりです。

そして最近、今度は母の体調が悪いので心配です。悪寒と微熱が続き、吐き気があるので満足に食べられず、痩せてしまいました。病院で点滴をしてもらったり、栄養補助飲料を頂いたり。今日は、自分で新潟のお米屋さんからお粥を取り寄せたそうです。少し元気が出て来た証拠かな。定期的に検査をしているので、大したことはないと思うのですが、高齢なのでなにかあったらと不安になります。兄が連絡してくれると元気が出るかもしれません。

さて、朝夕すっかり寒くなりましたね。平年に比べ、初雪がずいぶん遅れていますが、三沢ではいよいよ明日降るのではとのこと・・・祝日なので、通勤しなくて済むのが幸いです。三連休はゆっくり充電しようと思います。

でも、雪道走行の準備は万端なんですよ。フィリップがタイヤを交換して、ワイパーも冬用に付け替えてくれました。また、トランクには、長靴、手袋、牽引ロープ、毛布なども積み込んであります。

先月、職場で野辺地警察署交通課長による「冬季交通安全講演会」があり、冬道の運転ポイントや事故例についてなど、有意義な話をお聞きすることができました。
くれぐれも事故を起こさぬよう、注意したいと思います。

おまけの写真は、今月の上旬にフィリップと初めて行ったフレンチ食堂Saison(セゾン)さんでのランチです。


こちら、私の選んだ一皿は、八戸産鮮魚のポワレ。添えてあるのはゴボウのクーリーだそうです。ソースはバルサミコとビーツ。見た目も美しく、大満足でした。
またどこかに美味しいものを食べに行きたいなぁと思ったりしている、木曜日のお昼休みであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2018年11月4日日曜日

これぞフランスの家庭的なりんごのタルト

金曜日、Douce France(ドゥース・フランス)マンツーマンレッスンを受講くださった昌江さんからりんごを頂きました。五戸町倉石の漆戸りんご園さんの紅玉だそうです。昌江さん、本当にありがとうございました!
漆戸りんご園さんといえば・・・そうそう、ジャム工房otte(オーテ)の栄子さんの「りんごの雫」!漆戸りんご園さんのタータンを使った、美しいジュレ状のジャムを思い出します。

昌江さんからの紅玉に目を輝かせて、昨日はフィリップが久しぶりにりんごのタルトを作ってくれました。さくさくのサブレ生地に、甘酸っぱくバニラビーンズを利かせたコンポートをたっぷりと、その上に生の紅玉を敷き詰めて。ご覧の通り飾り気はありませんが、愛情たっぷり、りんごの魅力を活かした最高に美味しいタルトです。これぞフランスの家庭的なデザート!です。

さて、フィリップの結石にまつわるご報告もさせて頂きますね。先月末、無事に尿管ステントが抜けました。翌日CTを撮って診て頂いたところ、おかげさまで粉砕は成功だったようです!ただし、腎臓にまだ砂が残っており、それが自然に出るかどうか、要観察だそうなのです。レントゲン、超音波、診察の予約を年末に入れて帰り、ほっとしていたのも束の間・・・フィリップは昨晩から具合が悪くなり、高熱を出してしまいました。映画を観ながら「なんだか寒気がする。」とガクガク震えてソファを揺らすので、またふざけているのかと思いきや、本当だったのです!

今日は日曜日でしたが、病院に電話をすると直ぐに来るようにと受け付けて頂けて。大急ぎで出かけ、抗生物質と点滴で応急処置をしてもらって帰宅しました。明日も検査に行かなくてはならず、あぁすみません、私はまた会社をお休みです。大したことはないと思いますが、油断は禁物、しっかり治さないといけませんから。

やれやれ、一時は39度4分まで上がった熱ですが、じわじわと下がって来たようです。まったく脅かさないでよね、と我が家の料理人を睨みつける、日曜の晩であります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2018年10月21日日曜日

今日この頃

みなさん、週末をいかがお過ごしですか?前回の投稿をご覧になった方たちから、フィリップへのお見舞いやコメントをたくさん頂きありがとうございました。経過をまたご報告させて頂きますが、今日は元気に庭仕事をしておりますのでご安心ください。私はパジャマのまま、今日この頃の何気ない出来事をブログに綴りたいと思います。

昨日は、愛車IGNIS(イグニス)の6ヶ月点検のため、二人で八戸市へ出かけました。今年の4月、六ケ所村への通勤用にと急きょ、へそくりを叩いて購入した車です。人生初のスズキの車ですが、この上なく快適で燃費も良く驚いております。

お世話になっているスズキアリーナ八戸さんに向かう前、フィリップとランチに寄ったのはatta(アタ)さん!このブログのこちらでご紹介させて頂いている、隠れ家のようなカフェレストランです。

数年ぶりだったのですが、以前となにも変わらず、まるであれから時計が止まっていたかのよう。極上のチキンカレーを、二人で唸りながら食べました。
紅玉のアップルパイも、最高に美味しかったです。岩舘りんご園さんの紅玉だそうですよ。岩舘りんご園さんのパンフレットにも掲載されています!

岩舘りんご園さんと言えば、先週のある日、宅配便で・・・!
先日カーサ・デル・チーボさんで偶然お会いした岩舘りんご園の英理さんが、なんと、フィリップへのお見舞いにとAtelir Au P'tit Goulu(アトリエ・オ・プティ・グリュ)の慈子さんに注文してくださったのです。慈子さんは、以前Douce Franceフランス語レッスン八戸教室に通ってくださっていたんですよ。岩舘りんご園さんのアップルゴージャスのタルトとレッドバートレット(赤い洋ナシ)のタルトは英理さんから、焼き菓子とジャムは慈子さんからのプレゼントでした。英理さん、慈子さん、本当にありがとうございました。

話は戻って、スズキアリーナ八戸さんの帰り道。ケーズデンキ三沢店さんに寄り、二人で楽しみに待っていたiPhone XSを受け取りました。
フィリップはiPhone 7から、私はiPhone 7 Plusからの買い替えです。Appleファンの私たちにはたまらない、魅力的な新モデルです。なにしろ、ディスプレイの美しさとその動作速度にびっくり。Appleはどこまで進化するのでしょうか。

おまけの写真はこちら。
先週、ドゥニーズがフランスから三沢へ一人で遊びに来ていたのです。フィリップが退院したばかりだったので、ちょっと家に寄ってもらっただけだったのですが、再会できて心が躍りました。疲れがにじみ出ているのでお恥ずかしいのですが、至福のひとときだったので掲載してしまいます。

さて、あれこれ書いているうちにお昼になってしまいました。庭仕事を終えたフィリップが戻って来ました。窓から覗いてみれば、おぉ!植物たちのための雪と防寒対策だそうです。測りもせず、いつものごとく自己流で仕上げてしまいました。我が夫ながら、器用なので感心してしまいます。
妻の方は、今日は一日中パジャマで・・・と思い切りだらけている、日曜日の昼下がりであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリック
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2018年10月16日火曜日

フィリップを病室に残してカーサ・デル・チーボ

月曜日、フィリップが八戸平和病院に入院し、経尿道的結石砕石術(TUL)を受けました。尿道から内視鏡とレーザーを入れ、石を砕いて体外に取り出す手術です。全身麻酔を選んだので、目が覚めなかったらどうしようとか、レーザーで尿道が傷ついたらどうしようとか、こう見えて気が弱いので心配が尽きず、手術前の数日間はこちらまで具合が悪くなってしまいました。

おかげさまで経過は順調です。本来は2泊の入院予定を、フィリップの希望で一泊にしてもらって帰って来ました。まだ石らしきものが出て来ないので安心はできませんが、以前のような激痛はなくなったそうなので良かったです。

手術翌日の火曜日の朝、病室で、前日よりずっと元気そうなフィリップの顔を見てほっとしました。そしてこれ幸いと、お昼に一旦病室を出て、ひとりでランチに向かいました。だって、八戸平和病院のすぐそばには、カーサ・デル・チーボさんがあるのですよ。このブログのこちらでご紹介させて頂いたことがある、実に魅力的なイタリア料理店なのです。愛する夫が入院していようが、この誘惑に抗えるわけはありません。ずっとまた行きたいと思いながら、もう何年も経ってしまっていました。

恨めしそうな顔のフィリップを残し、るんるんと歩いてカーサ・デル・チーボさんに入ると、なんと、岩舘りんご園の英理さんとお嬢さんの宏美さんがいらっしゃいました!ひとり寂しく食べることを覚悟していたのですが、思いがけず賑やかで心嬉しいランチとなりました。

私たちが堪能した、池見シェフによる格別なランチ写真をご紹介しますね。みんなでBランチを選びました。

まずは、前菜 「八戸産秋鮭といくらの親子マリネ ハーブサラダとオレンジの香り」

次はメインで、宏美さんが選んだ「ローズマリーを練りこんだ幅広手打ちパスタ パッパルデッレ 対馬産イノシシのラグー和え トスカーナ風」(手前)と、英理さんが選んだ「自家製太麺トンナレッリ 青森県産地鶏シャモロックとパプリカのトマトソース ローマ風」

こちらは私の選んだメイン「グラニャーノ産スパゲッティ 小川原湖産シラウオのアンチョビソースとカリカリしらうお」
そして食後のお楽しみのデザート。英理さんが選んだ岩舘りんご園産フレッシュプルーンのタルト バニラジェラート添え
宏美さんと私は、岩舘りんご園産のクラブアップルゴージャスを使ったドルチェ「ゴージャスアップルのソルベとシナモン香るパンナコッタ洋梨のスープ」
池見シェフご夫妻による繊細なお料理とデザートを、英理さんと宏美さんと一緒に味わうことができて本当に嬉しかったです。
あぁ、今度はイカ墨のタリオリーニを食べてみたいとうっとりする、金曜日のお昼休みであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと応援クリック
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ