2019年3月21日木曜日

兄からの便り~サウジアラビア編その2

みなさん、こんにちは。「自然を称え、生物を慈しむ」春分の日、いかがお過ごしでしょうか?

先日、我が敬愛する兄にメールを送ったら「今、サウジアラビアのウルムジュにいます。ハウラー遺跡の発掘です。」と返事があったので、さっそく写真をねだりました。何枚か興味深い光景を送ってくれたので、シリーズ「兄からの便り」サウジアラビア編第二弾としてご紹介したいと思います。

ヤシ畑に立つ鳩小屋
 ジェッダのレストラン
レストランの独身男性用の入口
家族用の入口
ジェッダのナツメヤシ屋さん
近代的なビルが並ぶ首都リヤド
リヤドのファイサリヤ・タワー
メッカへの高速道路の標識
メッカへの道の脇にある注意書き

出来の悪い妹は、ほぉ、はぁと呆けた顔で写真に目を見張るばかり。兄はいったん帰国して、今度はトルコとエジプトの調査にまた飛び立ったようです。「身体にはくれぐれも気をつけて。また写真を送ってね!」とパジャマで叫ぶ、木曜日の朝であります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ







2019年3月10日日曜日

都会に出張

先週は、水戸に一泊、東京に二泊、合わせて3泊4日の出張でした。スペイン、フランス、ドイツ、イタリアからエキスパートたちをお迎えして、国際会議が開催されたのです。職場では先月から、あれこれ準備に追われていたので、無事に終わって心底ほっとしました。

金曜日に我が家に戻り、安堵した途端に疲れが出て、土曜日は一日中寝ていました。そして今日はなぜか腰痛が出て苦しみ、あぁ歳は取りたくないものとフィリップに嘆いております。

さて、出張について簡単に記録しておくことにします。と言っても、相変わらず食べ物についてばかりになりますが。

水戸駅に降り立ったのは生まれて初めてだったような気がします。水戸と言えばこのお方たち・・・。
亡き父が時代劇を楽しみに見ていたのを思い出しました。

梅の花がもうほころんでいましたよ。時間があれば、偕楽園へ早咲きの梅を愛でに行きたかったなぁ。

東京に移動してからの食事は毎回、宿泊したホテルのすぐそばの東京スクエアガーデンを満喫しました。時間的にも気持ちの上でも、レストランを探したり予約をするような余裕はとてもなかったので、選択肢の多い東京スクエアガーデンが徒歩5分で大いに助かりました。

初日の晩は、B1のイタリアン/ワインバーVINORIO(ヴィノリオ)


翌日のお昼は1FのフレンチビストロLes Rosiers Bistrot de L'Oie(レ・ロジェ・ビストロ・ド・ロワ)、
そして晩はB1のエスニックらんまん食堂にて。食事は毎回、豪快で率直な性格のMさん(ひとまわり以上も若い先輩)と一緒だったので、愉快に美味しく食べることができて嬉しかったです。Mさん、ありがとうございました!

それにしても、都会は人が多い!出身は東京ではありますが、すっかり田舎暮らしに慣れてしまったので、今回はほとほと疲れました。いでででと腰をさする、冴えない日曜日の夜であります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2019年3月3日日曜日

編んで編んで、やっと完成!

みなさん、ボンジュール!ブログ更新がすっかり遅くなってしまいました。以前は、このDouce France(ドゥース・フランス)ブログに毎日投稿していたことが全く信じられません。最近では、更新できる時に、つまらないことを呟いたりぼやいたりするだけのブログですが、どうぞ呆れずにお付き合いくださいませ。

さて、昨夜、遂に初の手編みベストが完成いたしました!初心者でありながら、既成の編み図を見もせず、自分のサイズに合わせて変えて作るという無謀ぶりでしたが、なんとかそれらしいカタチになりましたよ。
 春までにはとても無理だと思っていたのですが、先週末ひたすら編んでいたおかげで、後ろ身頃も完成。昨日、肩はぎと脇かがりをして出来上がった次第であります。
大変でしたが、実に楽しかったです。また別の何かを編んでみたいと思っております。

おまけの写真は、ひな祭りに合わせて母が取り寄せてくれた有職さんのちまき寿司。
あぁ、そういえば、今年はお雛様を出すのを忘れてしまいました。こんなことではいかんと10秒反省する、日曜日の昼下がりであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2019年2月19日火曜日

雨水(うすい)に春の足音聞こえど、後ろ見頃は・・・

今日は暦の上で雨水(うすい)だそうです。「雪が雨に変わり、氷が融けて水となり、草木が芽吹き始める日」と聞くだけで小躍りしてしまいます。確かに今週、気温が上がり、凍った悪路が少しずつマシになって来ました。小鳥たちの姿もよく見かけるようになりましたね。

そんなわけで、運転時の緊張感も緩んで来ましたが、こういう時に事故を起こしやすいのが世の常。先日、通勤の途中で合計3台も、雪のかたまりに突っ込んで動けなくなってしまっているのを見かけました。くわばら、くわばら。

さて、春を楽しみ編んでいたトップですが、後ろ見頃がさっぱり進まず、まだこんな具合です。


以前こちらでご紹介した前身頃は「いつまで待たせるつもり?」と呆れ顔(に見えます)。

平日はくたくただし、週末はでれでれだし・・・こんなことではいけないと、編み始めるものの、数段で眼がしょぼしょぼしてしまい、投げ出してしまうのです。

気を取り直して、おまけの写真を。先週のバレンタインの晩の数枚です。今回フィリップと選んだシャンパンは、HENRIOT Brut Souverain (アンリオ至高のブリュット)。優雅な味わいで飲みやすかったので、ついくぴくぴとやって酔っ払いました。詳しいことはわかりませんが、私にとってシャンパンはやっぱりLouis Roederer(ルイ・ロデレール)なんだよなぁと生意気なことを思ったり。
そして、フィリップの愛情のこもったお料理を味わった後、いつものプレゼント交換をしました。

ヴェルニを早速使っていますが、とてもいい色で嬉しいです。和色大辞典で探してみると、濃藍(こいあい)という色に当たりそう。ふふふ、恋愛(こいあい)ねとにやける、火曜日の晩であります。


下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2019年2月12日火曜日

手元の色遊び:CHANELヴェルニ

私たちの暮らす三沢市では、真冬日が続いております。今朝は、家を出た時はよく晴れていたのに、六ヶ所村へ近づくなり吹雪で、目の前は真っ白でした。この厳しい寒さは今週いっぱい続くものの、2月の後半には暖かくなって来る予報です。本当かしら。その通りになれば嬉しいのですけれど。

さて、バレンタインデーが近づいて来ましたね。今年もいつものように、お家でフィリップとお祝いをする予定です。週末に、シャンパンと、お互いへのプレゼントを買いに行きました。相変わらず、フィリップはCDで、私はCHANELのヴェルニです。

今回はヴェルニを選ぶ際、重複してしまわないように、現在持っているものを写真に撮って行きました。結構たまって来て、20色以上ありました。


今回はブルー系のものを選びましたよ。職場では服装が自由で、ヴェルニもうるさいことを言われないので幸いです。でもさすがに黄色はね。

こちらは、最近愛用している除光液です。アセトンを使っていないので、つんとした嫌な臭いがせず気に入っています。

おまけの写真は先週の金曜日の朝の光景。フィリップがせっせと雪かきをしてくれているところです。最近は、毎日数回雪かきをしているそうです。

あぁ、春が待ち遠しいとため息をつく、火曜日のお昼休みであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2019年2月5日火曜日

立春迎えてエトセトラ

立春を迎えて見渡せば、春の気配があるような、ないような。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。巷ではインフルエンザが猛威を振るっているようですが、みなさんは大丈夫ですか?私とフィリップは、鼻をぐすぐすやりながらも今のところ無事で、フィリップは自宅でDouce France(ドゥース・フランス)マンツーマンレッスンを、私は六ヶ所村へ出稼ぎの毎日です。

とはいえ、私は慣れない冬道の運転で消耗してしまい、最近では帰宅後に編み物をする元気がなく、後ろ見頃がちっとも進みません。毎晩なんとか4段くらいは編むのですが…これでは春先にも間に合わないかもしれません。なんとか編み上げたいと思っています。

最近のお疲れの原因は、確定申告の準備にもありました。でもやっと、厄介な申告書類が完成し、あとは投函を待つばかりになりました。2018年度は、フィリップの腎結石騒ぎで医療費がかなりかかったので、医療費控除の手続きも。山とある病院の領収書を前に、ため息をつきながらも、完治して本当に良かったと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。

さて、先週末はよく食べました。なにしろ土曜日はシャンドラ―。イエス降誕40日後のお祝いの日(聖燭祭)で、フランスではクレープを食べる習慣があります。私たちは信者とはほど遠いのですが、美味しい慣習には従います。フィリップがクレープを焼いて、洋ナシとチョコレートと自家製ホイップクリームで食べました。クレープの生地にビールとラム酒を豪快に入れるのがフィリップ流。病みつきになる美味しさです。

そして日曜日は節分。恵方巻を食べる習慣がありますね。母が鮨大竹さんに注文してくれた豪華な海鮮巻と太巻を頂きました。凄いボリュームで食べきれず、太巻は翌日のお弁当になりました。
おかげでちょっと太って、まだおなかが苦しい感じがします。そういえば今年の恵方ってどの方角だったのかしらと、いまさら考えたりしている火曜日のお昼休みであります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ

2019年1月20日日曜日

今年も元気に鮨大竹で~母82歳を祝う

1月18日(金)は我が母の82歳のお誕生日でした。昨晩、一日遅れで、フィリップと3人でお祝いをしました。場所は、Douce France(ドゥース・フランス)ブログをご愛読してくださっている方たちには言わずと知れた、そう、三沢市の鮨大竹さん。

左から、母、私、フィリップと、いつものようにカウンター席に並んで座り、
フィリップは生ビール、特上ちらし寿司、そして豊盃をぬる燗で、
母と私は特上にぎりを頂きました。至福の旨さ!
今年も3人、元気に笑顔で母の誕生日を迎えることができて本当に良かったです。
このニットのベレー帽、喜んで愛用してくれているので嬉しい限り。そう、前回こちらで編みかけのところをご紹介した物なのです。裏メリヤス編みに表目のリブを6本通すという、初心者の私にとっては高度な帽子でした。苦心惨憺の末、どうにか完成したのです。
デザインや編み方は、ネットで見つけたこちらの素晴らしいブログを参考にさせて頂きました。他にも編んでみたいものがたくさんあります。

この帽子を編んでいる間、ちょっとお休みしていた春先のトップの方も進行中で、前身頃がほぼできました。
なにしろ、自分で編み図を考えながら適当にやっているので、編んではほどいてまた編んでと、なかなか進みません。さきほど念入りに自分に当ててみたら(←今頃になって)ちょっと長さが足りなかったので編み足しています。後ろ見頃も楽しんで編みたいと思います。

ところで、先週の六ケ所村通勤はかなり危険な感じでしたよ。木曜日の帰り道では、遂にホワイトアウトの洗礼を受けました。ああいう時に限って前に車が居なくて、噂に聞いていたとおり、目の前が真っ白で何も見えませんでした。よく無事に帰って来られたものだと思います。あぁ、来週は吹雪になりませんようにとパジャマでつぶやく、日曜日の午後であります。

下のどちらかのボタンをぽちっと
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 三沢情報へ