2024年5月12日日曜日

UV対策シェード付快適テラス整いました

先日「思い出いっぱいのガーデンテーブルとさようなら~再び軽トラで断捨離だ!」でご紹介したように、フランス在住時代から愛用していた6人用の楕円形ガーデンテーブルを処分してしまい、いくらか寂しくなっていた我が家の小さな庭。

以来、フィリップがオレンジ色のブリックでかわいいテラスを作り、捨てずに残した二脚の椅子と、二人用の円テーブルを置きました。

そして、直射日光対策に2.5x 3.5m のシェードを設置いたしました。テラスに合わせ、鮮やかなオレンジ色を選びました。毎日キャンプ気分ですよ!

当初は、ロール式スクリーンを窓枠上に取り付けたいと考えていたのですが、サイズの合うものが見つからず、プロに頼むと数十万円かかるので諦めました。しかも強度に不安がありました。

器用なフィリップが、物置にポールを設置し、家の壁面に取り付けたフックなどとガッチリ繋いだシェード。強風や大雨が予想される時には簡単に取り外し、畳んでしまうことができるので安心です。

このシェードのおかげで、室内の温度を下げることも可能になりました。南側のサロンは陽当たりが良すぎて、今までは昼間からカーテンで遮らずにはいられなかったのですが、それも不要となり、実に快適です。

また、テラス脇には小さな寄せ植えコーナーを作りました。フランボワーズ、イタリアンパセリ、カモミール、バジル、タイムなどが元気に育っております。

庭の雑草もぐんぐん伸びてきたので、私も少しは庭仕事に参加いたします!

おまけの写真は、今月7日結婚記念日を祝った食卓より。あっという間に19年!


ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎






2024年5月4日土曜日

フィリップ誕生日を祝う

ゴールデンウィーク真っ只中。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。私たちはいつもと変わらず、地元でまったりと過ごしております。

昨日5月3日はフィリップの誕生日でありました。ご本人の希望により、ランチはお馴染み、八戸市の番丁庵さんで食べました。フィリップは二色せいろと天ぷら。特に打ち立ての胡麻蕎麦が好みだったそうです。私は冷やし穴子天ぷら蕎麦をいただきました。最高。


帰り道に、大好きな Le Plaisir (ル・プレジール)さんに寄って、予約していた大好物の Tarte au citron meringuée (タルト・オ・シトロン・ムランゲ: レモンメレンゲタルト)を受け取りました。鈴木シェフパティシエご夫妻と久しぶりにお会いして、幸せなおしゃべりのひとときを。隆悦さん、喜代美さん、お忙しい中、いつもお時間をくださってありがとうございます!

そして晩に、ブーランジェリーTaka さんの至福のパンとフランス製パテやソシソンなどをむしゃむしゃとやりながら泡で乾杯し、お楽しみのタルトを味わいました。


いつもながら、とろけてしまいそうな美味しさで大満足でございました。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎







2024年4月22日月曜日

煤(すす)と暮らす〜被毛色の変化とサイレントニャーと

最近、愛猫すすの毛色の変化が目立ってまいりました。みなさんご存知のように、すすはエジプシャンマウという猫種のスモークで、被毛色は黒・灰色・白系なのですが、このように脇腹あたりがブロンズに染まってきてしまったのです。



母猫はスモーク、父猫がシルバーですが、三代前にブロンズがいるので、遺伝子のせいかと思ったりしながらネットであれこれ調べてみました。フードによって毛色が変わったり、病気、年を取るにつれて退色することもあるらしいのですが、すすの場合はどうやら、単なる日焼けが当てはまるようです。

血統書付きのスモークが、こんな風にまだらでなんだか可笑しいですが、大好きな日向ぼっこを禁じるわけにいかないし、コンクールに出る予定もないので(笑)全く気にしておりません。

そういえば、飼い主の私の頭もまだらになってきました。20数年間、美容院で毎月お願いしていた白髪染カラーを遂にやめたのですよ。以来4ヶ月程経つので、あちこち白髪が目立ち始めて見苦しいけれど、このままがまんするつもりです。美容院ではカットだけ。自然体が一番と自分に言い聞かせております。

さて、話はすすに戻って。みなさん、「サイレントニャー」をご存知でしょうか。猫を飼っていると珍しいことではないのですが、実に興味深い現象だと思います。「ニャー」と口を開けて鳴くしぐさをするのに、鳴き声が聞こえないのです。猫はちゃんと音を立てて鳴いているものの、人間には聞こえない周波数なのだそうです。

こちらの動画で、すすのサイレントニャーをどうぞご覧くださいませ。パパに「すす、またママが撮ってるぞ、もうウンザリだって言ってやれ!」などとからかわれ、なんと応えてよいのやらわからず、言葉にならなかった・・・と言うのがママの見解ですが、さてどうでしょうか。


おまけの写真は、昨日お散歩の途中で愛でた三沢市中央公園の桜です。




ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2024年4月20日土曜日

満開の弘前公園を足早に

昨日は、桜を愛でにフィリップと弘前公園まで。みちのく有料道路にETCが導入されたんですねぇ、便利になりましたね、いまごろ知って感激しました。

弘前市までは、三沢市から片道2時間、移動だけで往復4時間かかります。留守番の愛猫すすが心配なもので足早にまわったのですが、いやはや、やはり弘前公園の桜は格別です。

あいにくの曇り空。うまく撮れなかったのですが、何枚か写真をご紹介しますね。






ちょうど満開だったので、圧巻でした。平日とはいえ、人手が多く、特に外国人観光客が目立ちましたよ。

お昼ごはんは屋台の焼きそば。帰り道、青森市のモンドールさんにさささっと寄って、急いで帰宅。すすは良い子にお留守番してくれていました。


今朝もなお、美しい一面の桜が目に焼きついております。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎




2024年4月16日火曜日

新学期が始まりました~フランス語でサバイバル!

先週から、八戸市某大学でのフランス語春学期授業が始まりました。早いもので、このフランス語非常勤講師のチャンスをいただいてからもう3年目となります。

教材選びから授業の進め方まで全て任せてくださるので、私らしくのびのびとやらせていただいております。昨年までの2年間は、白水社の「ケスクセ?(改訂版)」を使っておりましたが、今学期からは「フランス語でサバイバル!(三訂版)」を選んでみました。

なにしろ授業は、試験を含めて春と夏に各8週ずつだけ。限られた時間内に、せっかくフランス語に興味を持ってくれた学生たちのやる気を削がぬよう、ややこしい文法は重要視いたしません。極力話してもらう機会を増やし、刺激的な授業を目指しております。生徒たちは、いつ私に当てられ、前に出てフランス語寸劇をやらされるかと、もうドキドキです(笑)

「フランス語での実用的な表現やフレーズが自然と口をついて出て来て、臨機応変になんとかできるようになる!」を目指し、これからも様々工夫しながら、生きたフランス語を楽しく教えていけたらと願っております。

校内の桜、先週は残念ながらまだ蕾でしたが、今週は満開かな。

おまけの写真は、最近フィリップと歩いた寺山修司記念館裏手の散歩道。私が勝手に「ハグロトンボの小径」と呼んでいる場所です。


そしてこちらは週末にフィリップとおにぎりを頬張りながら眺めた太平洋。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎




2024年4月4日木曜日

思い出いっぱいのガーデンテーブルとさようなら~再び軽トラで断捨離だ!

日に日に春めいて、桜の開花予報も聞こえて参りました。地震が気になるものの、これから良い季節となりますね。

さて、フランスでは春に大掃除をする習慣があります。昨日、フィリップと朝の8時から軽トラックをレンタルし、家や物置にくすぶる不用品を運び出し、ごみ焼却施設まで二往復いたしました。古い衣類や壊れたPC、マットレスなどいろいろ処分しましたが、中でも一番思い切ったのが、フランス在住時代から愛用して来たガーデンテーブルと椅子です。楽しい思い出がたくさん詰まっているので、なかなか手放せずにおりましたが、傷みが激しいし、なにしろ今の庭は猫の額ほどしかないので諦めがつきました。

記憶を辿ってみれば、このチーク材のガーデンテーブルと椅子を購入したのは、2010年のことでありました。当時暮らしていたノルマンディの家は、海から徒歩5分。お庭が広くて本当に素敵な貸家でした。大家さんのじいさまに許可をもらい、自分たちで日よけシェードを取り付け、実に快適なテラスとなり、家族や友人たちと幸せなひとときを過ごしたものです。



裏庭にも小さなテーブルを置いて、朝食やおやつタイムを楽しみました。現在の庭にはこのくらいのサイズがちょうど良いかもしれません。

そしてこちらは、ノルマンディから日本へ移住して来た最初の家で。八戸市のこの貸家も庭が広々としていて、テラスにしっくりと収まったテーブルと椅子も嬉しそうでした。


そこから二年で引っ越して、落ち着いた三沢市貸家のお庭がこちら。テラスがなかったので、材料をキットで購入し、フィリップがひとりで組み立てました。
過去に「Le Plaisir(ル・プレジール)ファミリーと寛ぎの月曜日」でご紹介したことのある写真です。

向かいの田んぼが美しく、隣の空き地にはよく白鷺や孔雀、雉などが遊びに来たものです。私たちが引越した後、なんと空き地にドカンとアパートが2棟建ち、田んぼも放置状態になって、様変わりしてしまいました。いい時期に借りることができて幸いでした。

それから今度は青森市に引っ越し。三階にある小さなバルコニーになんとか入りましたが、結局ここで過ごすことはあまりありませんでした。

恐るべし青森市。冬には、こんなことになっておりました。

さて、押し入れを開ければ、まだまだ断捨離できそうなものがございます。身軽にすっきりと生活できるよう、あとは少しずつ、また二人で話し合って減らして行きたいと思います。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎



2024年3月25日月曜日

ソフィとお散歩〜フランス村巡りと青森屋足湯と

昨日は青空が広がり、気温も上がって気持ちの良い日曜日でありました。東京から仕事で青森県にいらっしゃっているソフィさんと、手羽先が美味しい吹越でランチの後、地元散歩を楽しみました。

フランス人のソフィさんとは、2022年に知り合いました。初めてお会いした時のことはこのブログの「心のオアシス日本酒処 裏町酒場で「はじめまして!」」に、そして昨年の再会については「師走の外食記(裏町酒場・レストランatta・番丁庵)」に綴っております。

今回は、ソフィさんのリクエストで、通称「フランス村」をご案内しました。今から20数年前、六ヶ所村技術支援のために来青していたフランス人たちが家族と暮らした住居群です。


懐かしい!私は当時、手前に建つ事務所で、家族たちのお世話をする仕事をしておりました。はじめて日本に暮らすフランス人たちを相手に、フランス語辞書を握りしめて、住居・病院・学校・役所など、あちこち駆け回ったものです。


現在、これらの住宅は修繕後アメリカ人ハウスとして使われたり、日本人の住居となっているようです。空き家も何軒かありました。

そしてこちらは、少し離れたところに建つ、通称「ヒルサイド」。フランスから単身で来ていたフィリップが5ヶ月程滞在していた住居です。さまざまな思い出が駆け巡り、おしゃべりが尽きませんでした。

フランス村巡りの後は、私たちが大好きな星野リゾート青森屋へ車を走らせ、3人で足湯に浸かり憩いのひととき。

庭園をぐるりと歩いて、美しい景観と静けさを堪能いたしました。ソフィさんがますます青森県を好きになってくれて嬉しい!
すすのYouTubeはこちらで。
毎日ショート動画更新中!チャンネル登録大歓迎



ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ