2021年3月21日日曜日

星野リゾート 界 津軽でゆったり充電

先週の金曜日はお休みを頂いて、星野リゾート 界 津軽にお宿を取り、フィリップとゆったりと過ごす機会に恵まれました。一泊ながら、久しぶりの温泉旅でした。
私たちの大好きな温泉巡りの思い出は、このブログのカテゴリー「 温泉に綴られております。

界 津軽へは、実はオープン時から行ってみたいと願っていたのですが、なにしろ値段が高い!その上、予約がなかなか取れず、ずっと実現できずにいました。今回は「地域限定優待プラン」に注目。地元住民は30%オフで利用できるとあって、ちょっとハードルが下がり、日程も合って幸いでした。

さて、チェックイン後はすぐに大浴場へ。まだ誰も居らず、りんごがぷかぷかと浮かぶ青森ヒバ湯殿を独り占め!

熱すぎすちょうど良い湯加減で、身も心も芯から温まりました。あぁ、また入りたい!

続いて夕食もさらりとご紹介します。

先付け(大間の鮪と雲丹のあられ和え、黒にんにく風味)
煮物椀(蛤真薯・筍・若布・生麩)
宝楽盛り
揚げ物(甘鯛の桜花揚げ・春野菜の天麩羅)。フィリップは津軽びいどろで豊盃をちびちびやってご機嫌。
蓋物(えんどう豆と鶏つくねの葛寄せ)
食事(旬彩土鍋ごはん・鰆の西京焼き)
蓋の持ち手に岩木山を象った、どっしりとした土鍋に惚れ惚れ。

甘味(界津軽特製りんごの淡雪チーズ)
そしてこちらが朝食。

正直言って、食事には期待をしていなかったのですが、見た目、味わい共にとても繊細で、二人とも大満足でありました。フルに充電することができたので、また明日からお仕事がんばります!

贅沢なひとときをうっとりと振り返る、日曜日のお昼前であります。

2021年3月3日水曜日

ひな祭り

桃の節句の朝。数日前から「今年は人形出さないの?」と気を揉んでいたフィリップが、待ちきれずに自分でお雛様の箱を見つけ出し、飾ってくれました。

我が家では京風に、向かって右に男雛、左に女雛を並べるのが慣わしとなっています。こんなギリギリになって、まさか出されるとは思っていなかったであろう立ち雛たちの髪はボサボサ。フィリップが、まるで私のようだと笑いました。確かに。

言い訳をさせてもらえば、私はボサボサ頭が好きなのですよ。あえて梳かすことなく、手でぐしゃぐしゃにします。美容院へ行っても「ボサボサにしてください。」とお願いする、美容師泣かせなのです。

話はひな祭りに戻って。このお雛様を見ると一層、ノルマンディに住んでいるフィリップの娘、マリオンとエマのことを思って、なんだか切なくなってしまいます。フランスの昨日の新型コロナ感染者数は22,857人、死亡者は87,220人、合計感染者数は378万人だそうですから、日本とは桁違い・・・。彼女たちに再会できるのは、いったいいつのことでしょうか。

さて、こちらは先月訪れた黒石市松の湯交流館で撮った一枚です。

この日は、仕事の一環で黒石よされを踊りました。先生が良かったおかげですが、踊るのが新鮮で楽しかったのなんのって。

ボサボサ頭で思い出し笑いをする、水曜日のお昼休みであります。

2021年2月14日日曜日

ポミエでハッピーバレンタイン

今年もやって来ました、バレンタインデー💓 私たちは毎年、互いにちょっとしたものを贈りあっております。私は例年に違わずヴェルニを、フィリップはワイン栓を選びました。  

日本でのバレンタインデーの晩餐は、フィリップが腕を振るっておうちで過ごすのが常でしたが、今年は気分を変えてフランス式にレストランへ行こう!

というわけで、昨晩はポミエさんへ出かけ、ご馳走を頂きました。お料理もワインもお任せでしたが、さすがは桜田シェフ、私たちの好みに合ったメニューで、もう大満足!

その内容をご紹介させて頂きましょう。ワインは、イルレギー・ルージュ・エリ・ミナの2005年。


菊芋のポタージュとエゾシカのパテ


フィリップは、山ウズラ、砂肝コンフィ、ふじもり農園のチコリのサラダ


私は海の幸のタルタルで。

桜田シェフが釣り上げたタラのムニエル

ウズラと寒立菜(東通村産ほうれん草)のトリュフソース


イチゴづくしのブランマンジェ

エスプレッソ、シェフの自家製オレンジピールと共に

二人共、ますます桜田シェフのファンに。会話も弾んで素敵な晩を過ごす事ができました。シェフ、奥様、メルシーでございます!

おまけはこちら!

クリスマスにポミエさんへお邪魔した時に頂いた「つなぐる」の応募に当選したのですよ。「もし当たったらまた来ます。」のお約束通り、今回ポミエさんで使わせてもらった次第です。

ご馳走の写真を振り返り、出っぱったお腹をさする、月曜日の晩であります。



2021年2月13日土曜日

フランス人も大絶賛!グートロンのクロワッサンと利き酒ショコラ

先月の終わりに「プジョーのペッパーミルでガリガリと」でご紹介した、青森市の洋菓子店グートロンふじやさん。取材させて頂いた時には残念ながら売り切れで、以来ずっと気になっていたクロワッサンを、建国記念日の朝、ようやく手に入れることができました。

フィリップと顔を寄せてくんくん。もう香りだけで、これは美味しいに違いないと確信しましたよ。そして、その期待通り、パイ生地の外側はサクサクと香ばしく、内側はしっとり、もちっとした食感で、味も抜群でした!これなら、毎日すぐに売り切れてしまうわけだと納得しました。

フィリップは「フランスを離れて約8年。日本でいくつか食べたことはあるけれど、やっと本物のクロワッサンに出合えた!」と大層感激して、3つも食べました(おい!)大げさに聞こえるかもしれませんが、フランス人にとってクロワッサンは、その食文化において、なくてはならないもののひとつなのです。

そして、フランス人の感激はまだ止まりません。グートロンさんの「利き酒ショコラ」!

シンプルでありながらセンスの良いその小箱を開けると・・・うぉぉぉ!日本酒とチョコレート好きのフィリップにはたまらない、魅力的な宝箱です。

なんと、4種類の地酒とチョコレートのマリアージュを楽しめるのです!

悔しいことに、私はアルコール厳禁であるがゆえ、フィリップが4種類を味わうのを観察することしかできませんでしたが、その豊かな表情を見ているだけで大笑い。すっかり食べた気分になりました。

彼にとっての個人的ナンバー1はやはり豊盃、続いて八仙と亀吉のチョコレートが互角だそうです。お酒の味わいを損なわないように、包むチョコレートを工夫しているのでしょうね。さすが!と唸るフィリップの顔を思い出して笑う、土曜日の朝であります。

2021年2月3日水曜日

節分そっちのけで聖燭祭(シャンドラー)〜おうちクレープでご機嫌

2月2日はChandeleur (シャンドラー: 聖燭祭)!イエス降誕40日後のお祝いの日です。フランスでは、キリスト教の祝日のこの日、ガレットやクレープを食べる習慣があります。私たち夫婦は無宗教ですが、美味しい慣わしには忠実に従う傾向にあります、はい。

そんなわけで、昨晩はフィリップがクレープを焼いてくれました。ノルマンディに暮らしていた時から愛用しているクレープパンが登場!巨大スーパーAuchanで買った安物ですが、まだまだ行けますよ。ただし、I Hクッキングヒーターでは使えない代物なので、卓上ガスコンロも引っ張り出して。確かこのコンロも、フランス帰りです。


さて、クレープ生地はビールを入れるのがフィリップ流ですが、今回は苦くなり過ぎたので(好物の麒麟のせいか)ラム酒も加えたそう。全部で何枚あったかしら、ラム酒が効いてしっとりと上手に焼けたクレープに、好みのジャムやハチミツをつけて、二人でわしゃわしゃ手づかみで楽しみました。

というわけで、節分とは縁のない2月2日を過ごしてしまいましたが大満足。「鬼は外、福は内!」といまさら叫んでみたりする、水曜日の晩であります。

2021年1月30日土曜日

プジョーのペッパーミルでガリガリと

ここのところ穏やかだった青森市ですが、昨夜からまた荒れに荒れて、ごうごうと暴風雪が凄まじい。窓越しにげんなりとしていたら、フィリップが「よい運動になるよ。」と雪かたずけに出ました。ぶるぶる、こちらは運動しなくて結構です。

そんなわけでパジャマのまま、久しぶりにパソコンの前に座り、Douce France(ドゥース・フランス)の青色申告の準備をしておりました。現在の個人事業主はフィリップで、フランス語オンラインレッスンも一人でやっていますが、会計だけは私じゃないとね。毎年これが面倒でたまりませんが、今年も優秀な「弥生」ちゃんのおかげで、なんとか印刷までこぎつけました。あとは税務署に郵送するばかり。

さて、先日、取材先の洋菓子店グートロンさんで頂いたテリーヌショコラ。切り分けてから、サリスドベアルヌの塩の花をひとつまみ、黒胡椒をガリガリやって食べたら至福の美味さ。


で、この写真を見た職場の先輩Sさんが意外にも「ペッパーミルの方が気になって。電動ですか?」と仰るので、なんだか嬉しくなりました。

いえ、いえ、手動なんですよ。かれこれ8年程愛用しているプジョーのミル。電動のは、挽く音がヒュイーンと軽やかですが、これはガリガリとうるさい。でも、挽いている実感があって良いのです。Sさんにお見せしたく、さっき台所で写真をば。こうして改めて見ると、かなり高さがありますね。
ところで、我が家の料理人フィリップによると、今夜はポトフだそうです。わーい、大好物!いくらか元気が出て来た、土曜日の午後であります。

(グートロンさんのショーケース)

2021年1月17日日曜日

銀世界とシャガールと懐かしい思い出と

先々週からの寒波には本当にうんざりしましたが、ニュースで北陸地方の凄まじさを目の当たりにするにつけ、文句は言えないと口をつぐんでおりました。でもね、なにしろドカンと降ったので、青森市内でも除雪車の作業が追いつかず、一時は道路が悲惨な状態となり、立ち往生する車が続出して大変な騒ぎでしたよ。

そんな中、先週の月曜日には、青森県立美術館内で撮影サポートのお仕事がありました。白い箱のような美術館が、眩しい程の銀世界に溶け込んで実に美しかったです。

館内では、お二人のプロカメラマンが撮影なさる様子を、先輩たちと共に側で興味深く見守りました。どんな画像・映像が出来上がって来るか楽しみ。巨大なシャガール「アレコ」全4作品をあれだけの大空間で鑑賞できるのは、青森県立美術館ならでは!と、美術館としての魅力を再認識させられました。

さて、4枚のアレコを見つめていた時に鮮明に蘇って来たのが、パリのオペラ座のシャガールによる天井画です。初めて見た時の感動は忘れられません。訪れるたび、息をのんで見上げ続けていたので、首が痛くてたまらなくなったものです。2011年、母と並んで見上げた日のことも、良き思い出のひとつになりました。

シャガールといえば、ランスのノートルダム大聖堂のステンドグラスが素晴らしかったという記憶がありますが、どうやらあれはまだフィリップと出会う前に旅行で行った時のことのよう。写真が残っていないのが残念でなりません。

そんなわけで、久しぶりにフランス時代のアルバムをあれこれ眺めていて、珍しくノルマンディに雪が降った日の写真を見つけました。庭に停めた二人の愛車を撮った2枚です。

フィリップのボルボと

私のスマート(ハート)

懐かしさががこみ上げて来る、日曜日の昼下がりであります。

下のボタンをぽちっと応援
よろしくお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ