2022年8月19日金曜日

昔話「コアラのひょうたん売り」その5


「すすも、えげつない動物にはなりたくないにゃん!」

最終ミーティングもアメリカのカワウソの独壇場となりました。タヌキは100%カワウソの方針「売ってなんぼ」で行くようです。 


このカワウソは、コアラの目から見るとかなり「えげつない」動物ですが、でもそれなりにやり手で業界通、プロフェッショナルです。 


最終日の昼、カワウソはコアラを蕎麦屋へ誘い出し、次のようなアドバイスをしました。 


「出来の良いひょうたんは、どういう流通経路を辿るにせよ売れ、会社の利益となる。反対に、海外で人気のないひょうたんは、どうがんばろうと売れない。これは営業の力量いかんにかかわる問題ではないので、気にするなかれ。タヌキは忙しいし、海外の業界についてはよくわかっていない。コアラは任されているのだから、与えられた条件の中で自信を持って楽しんで営業すれば良い。私ならすぐ返事をあげるから頼りにしなはれ。」 


他にもそばをすすりながら、いろいろなことをまくし立てていらっしゃいましたが、コアラは自分に都合の良いことだけに耳を貸しました。なにしろ「えげつない」動物ですから、丸々信用してはいけません。 


コアラにとって、この出張はある意味有意義でした。今までタヌキが隠していた情報も知ることができましたから。 

写真と登場人物とは一切関係ありません)


お給料をもらっている以上は、百歩譲って今回決まった会社の方針に従って仕事を続けるつもりです。けれど、もう今までのようにしゃかりきになってがんばるつもりはありません。営業努力は最小限に、無理をせず。そして決して自分は「えげつない」動物にはなりたくないので、そんな臭いが漂って来たらあっかんべーをして退散しましょう。 


ケセラセラ。人生何も無駄なことはなし。 前向きであればいつでも道は拓ける。 あくまでも楽天家なコアラでありました。つづく


ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月18日木曜日

昔話「コアラのひょうたん売り」その4

すす「マミィは今でも時々パンコラになるにゃん。」

コアラは眠いです。 時差ぼけが酷くて眠れません。 目の下が真っ黒で、コアラというよりはパンダですから、パンコラです。 


前日、作戦会議で初めて会ったアメリカのカワウソは、中年のバイタリティ溢れる生き物で、大声で喋って喋って喋りまくります。もしかすると実はイタリア産なのかもしれません。セールスをするために生まれて来たような口達者タイプです。長年の他のひょうたん業界での経験と人脈を誇り、自信にあふれています。 


悪い品種ではないので、パンコラにはとても優しく、いろいろなことを親身になって教えてくれました。いわゆる営業のノウハウと言うやつです。 パンコラのやり方とは全く違います。いろいろなアドバイスを受けました。 


パンコラ:クライアントに質問されてわからないときには「至急本社に確認してお返事いたします。」と答える。 

カワウソ : わからないと相手に知らせてはいけない。適当に答えてその場をごまかしておき、後で確認、もし違っていたら適当に理由をつけて言い訳せよ。 


パンコラ:クライアントとは信頼第一なので、相手の声に耳を傾ける。 

カワウソ:いちいちそんなことをする必要はない。相手にするな。買いたい奴はあちらから連絡して来る。 


パンコラ:クライアントは問屋が全てではない。DVD業界や漫画業界なども開拓することにより、顧客層も可能性も広がる。特にフランスのライオンとの協力は会社に大きな利益をもたらすだろう。 

カワウソ:売ってなんぼ。やり方が汚いところでもクライアントは問屋が一番。ライオンには興味なし。 


パンコラ:クライアントへの情報伝達は正確に。売ろうとして思わせぶりなことを言ってはいけない。 

カワウソ:真実と嘘のぎりぎりの線でうまく話を持って行く。後でもし「話が違うじゃないか」と言われても「そんなことは言っていません。」とごまかす。 


写真と登場人物とは一切関係ありません)

パンコラはあいた口がふさがりませんでした。


タヌキ親父は、ほぼカワウソの言いなりです。ですが、ライオンのことはとても気になっている様子です。 

「パンコラさん、私としてはライオンさん起用を50%位の確率で考えています。カワウソさんにもう少しインパクトを与えるために、ライオンさんのより詳しい情報をもらってください。ですが、ライオンさんには詳しい内情を話してはいけません。」と耳打ちされました。 


それでパンコラはライオンに電話をして情報をくれるように頼みました。勘の良いライオンは10分後にすぐ会社組織図と何十枚にもわたる情報を、フランス時間真夜中にメールで送って来ました。 


パンコラは出社してからそれらをコピーし、再度ライオンのアピールをするつもりです。 


カワウソのハッタリ営業にはどう考えても同調できません。パンコラには営業に対する誇りも自信もありませんが、嘘やごまかしは決してしないと、ない胸を張って言えます。 


さて、本日の最終ミーティングでどういうことになるでしょうか。なにはともあれ、ぐっすり眠り、パンコラからコアラに戻りたいと大あくび。つづく


ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月17日水曜日

昔話「コアラのひょうたん売り」その3

「にゃに?ひょうたん作戦会議?!」


ある日、コアラが庭のユーカリと手製のどら焼きを食べていると、タヌキからお手紙が届きました。 


「コアラさん、海外ひょうたん売りの作戦会議をします。アメリカのカワウソさんも呼びましたので来てください。」 


タヌキはたぬき寝入りをしている場合ではないと、やっと気付いたのでしょうか?コアラの首切りをするのはもったいないかもと思ったのでしょうか?それともカワウソに引継ぎさせるつもりなのでしょうか? 


なにはともあれ、コアラは急遽航空券を予約しました。 たとえ不本意な結論であっても、無料で帰国できるのだから喜ぶことにしようと思う、実に楽天的なコアラなのでありました。つづく


(写真と登場人物とは一切関係ありません)


コアラのひょうたん売り登場人物リスト

人物名(生息地) 

 役割、特徴など 


コアラ(フランス) 

 ひょうたん売りに萌(燃)える楽天動物。年甲斐もなくがんばるので、しばしば目の下が真っ黒なパンコラに変身。 


タヌキ(日本) 

 ひょうたん製造会社社長。特技がたぬき寝入りな超お調子者。 


ネズミ・リス・ハリネズミ(フランス) 

 ひょうたん小売店たち。ひょうたんを1個2個で欲しがる。 


ウサギ(イギリス) 

 ひょうたん小売店。ひょうたんを1個2個で欲しがる。 


ウシ(スペイン) 

 ひょうたん問屋。見かけによらず慎重、丁寧。


トラ(イタリア) 

 ひょうたん問屋。短気、けち、支払いと連絡悪く文句が多い。 


キツネ(日本) 

 ひょうたん問屋。ずる賢くタヌキ会社を支えていたが・・・。


ライオン(フランス) 

 石鹸問屋。粘り強く豪快、誠実。繊細な面もある焼きもち焼き。ひょうたん動物界の王様。 


カモシカ(スイス) 

 ライオン傘下の石鹸問屋。日本語堪能。のんびり屋で仕事が適当なので困り者だったが・・・。


カワウソ(アメリカ) 

 ひょうたん業界を渡り歩いたはったり屋。タヌキに見込まれ抜擢されたものの・・・。


シカ(ベルギー) 

 ひょうたん問屋。丁寧、内気、誠実。 


アライグマ(日本) 

 タヌキ族で働く異端児の日米種。切れると怖い。 


シマウマ(ドイツ)  

 ひょうたん問屋。丁寧、素早い連絡。今のところはライオンやトラからひょうたんを買っている。 


スカンク(フランス) 

 ひょうたん業界の鼻つまみもの。大量買いの叩き売り。倒産の危機説あり。 


クジラ(アメリカ) 

 ひょうたん問屋。やり手で賢い。無理は決してせず。好きな売れ筋ひょうたんだけを注文する。 


カバ(アメリカ) 

 ひょうたん問屋。英語が不得意なアメリカ動物。お人よし。カワウソとひと悶着・・・。


ツル(香港) 

 ひょうたん問屋。異常に丁寧で、無駄な書類仕事が多い。話し始めると長い知りたがり屋。 


カメ(香港) 

 ひょうたん問屋。人柄が良いのんびり屋。ツルのライバル的存在。 


パンダ(中国) 

 ひょうたん問屋。すさまじい英語で買って買って買いまくる。 


ペンギン(アメリカ) 

 クールミント会社社長。日本産。果たして本当にクールな人物か。 


イヌ(韓国) 

 ひょうたん問屋。完璧な日本語で丁寧な応対。買いたくない時には「まだ初心者ですのでよくわかりません。」を連発する。 


マーライオン(シンガポール) 

 ひょうたん問屋。元カノが日本人だったとかで怪しい日本語を話す。あちらの希望で過去に取引をやめたが、最近また買いたくなって来たらしい。 


友情出演 ❤️


ネコ(フランス) 

 コアラの友達。おっとり可愛い日本産。 


オオカミ(フランス) 

 コアラの友達。ネコの夫。イタリア嫌いのイタリア産。 


キリン(フランス) 

 コアラの友達。ユーモアセンス抜群の都会っ子。 


ゾウ(フランス) 

 コアラの夫。図体も態度もでかいが、実は心配性で心優しい。ひょうたん売りの内情を知り尽くし、コアラを支える縁の下の力持ち。


ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月16日火曜日

昔話「コアラのひょうたん売り」その2

ライオンはひょうたんを気に入って、いつも買ってくれていました。 フランス動物界の王様ですが、えばらずとてもよいリーダーなのでした。 


ある日コアラがライオンに会いに行くと、 

「コアラさん、よろしければ私が代表して、フランスのみんなに声をかけてあげましょう。」と笑顔で言いました。 


それでコアラは急いでタヌキに手紙を書きました。 

「タヌキさん、ライオンさんがフランスのネズミさん、リスさん、ハリネズミさんたちに声をかけてくれるそうです。きっとたくさんのひょうたんがまとめて売れますよ。是非一度お願いしてみませんか?」 


するとタヌキは薄目を開けて、 

「コアラさん、今月アメリカのカワウソさんが私たちの仲間に加わりました。海のそっち側のこともよく知っている人です。最近、イタリアのトラさんともお話をしたそうです。これからコアラさんの力になってくれるでしょう。ライオンさんのことは、ちょっと考えさせてくれませんか。」 そう言うと、またたぬき寝入りを始めました。 


(写真と登場人物とは一切関係ありません)


「コアラさん、海のそっち側もカワウソさんにお願いすることにしました。ではごきげんよう、さようなら。」 近いうちにそんな手紙が届く予感がするコアラなのでした。 


そしてタヌキは子分たちにじゃんじゃか、じゃんじゃか、新作ひょうたんを発売させていました。 


そのくせ、ライオンからの親切な申し出にはたぬき寝入りを続け、うやむやにしたままでした。うまく利用して売らせ続けようという魂胆なのでしょう。コアラはライオンにお手紙を書くときにいつも苦労しました。コアラは、うそやはっきりしないことが大嫌いなのです。 


それでも、ライオンはいつも誠実でした。タヌキからの返事がもらえなくても、新作ひょうたんを買い続けてくれました。宣伝もたくさんしてあげましょうと言ってくれました。 


けれども、ある日コアラが電話をすると、ライオンはとてもいらいらしていました。本当はタヌキに噛み付きたいのです。「ふざけんな!」と蹴りを入れてやりたいのです。できることならそうしてもらいたいコアラです。 


さて、いったいタヌキはライオンとの関係をどうするつもりなのでしょう。アメリカの新入りカワウソと、なにをこそこそやっているのでしょう。こうなったらがまん比べです。人生いろいろありますが、つまらないことを悩んでいても仕方がありません。 つづく


「すすも、うそやはっきりしないことは嫌いにゃん」(キッパリ!)



ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月15日月曜日

昔話「コアラのひょうたん売り」その1

フランス在住時代、漫画・アニメフィギュアの某日本メーカーに籍を置き、7年間ほど在宅で海外営業の仕事をしておりました。

朝はアジア市場と、昼はヨーロッパ、そして夜はアメリカと絶えずやり取りをして、かなり拘束される上、ややこしい仕事でした。しかも社長の方針や人柄が不透明だったのでやりにくく、ストレスがたまったものです。

その頃、ストレス発散のためにこの仕事について昔話風に書き、mixi 友達に読んでもらっていた「コアラのひょうたん売り」が20話程ございます。久しぶりに読み返してみたらちょっと笑えたので、少し手直しをして、このブログでご紹介させていただくことにしました。よろしければ、どうぞお付き合いください。


(写真と登場人物とは一切関係ありません)

むかしむかし、フランスのあるところに、一匹のコアラが住んでいました。 コアラは日本のタヌキに頼まれてひょうたん売りをしていました。 海のあっち側には、ひょうたんをほしいという動物がたくさんいたのでした。


フランスのネズミが言いました。 

「マダム、ひょうたん、ひとつくださいな。」 

するとコアラは残念そうに答えました。 

「あぁ、ネズミさん、すみませんが、ひょうたんは60個単位なので、ひとつでは売れません。」 


イギリスのウサギが言いました。 

「ミセス、ひょうたん、みっつくださいな。」 

するとコアラは残念そうに答えました。 

「あぁ、ウサギさん、すみませんが、ひょうたんはみっつでは売れません。」 


スペインのウシが言いました。 

「セニョーラ、60個買うからもっと安くしてくださいな。」 

するとコアラは残念そうに答えました。 

「あぁ、ウシさん、すみませんが、これ以上安くはできません。」 


ある日イタリアのトラからお手紙が届きました。 

「セニョーラ、私がひょうたんをたくさん買って、他の動物さんたちに売ってあげましょう。だからもうちょっと安くしてくださいな。」 


コアラは嬉しくなってタヌキにお願いしました。 ところがタヌキは 

「いえ、安くしてはいけません。その調子でがんばりなさい。」 の一点張り。


仕方がないのでコアラはトラにお返事を書きました。 

「トラさん、すみませんがこれ以上安くはできません。」 

するとトラは、プイッと日本のキツネのところへ行ってしまいました。 


実はタヌキと仲良しなずるがしこいキツネは、どういうわけか同じひょうたんをコアラより安く売ることができるのでした。 


それでコアラはタヌキに手紙を書きました。 

「タヌキさん、あのキツネさんの商売はどうなっているのでしょう。」 

けれどもタヌキはそ知らぬ顔で 

「コアラさん、とにかくがんばりなさい、がんばりなさいったらがんばりなさい。」 

と返事をしました。 


「では、いつまでがんばったらよいのでしょう?」とコアラが訊くと、すぐさま得意のたぬき寝入りを始めましたとさ。つづく


「すすにはたぬき寝入りは無理にゃん!」


ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月14日日曜日

煤(すす)と暮らす〜初代iPad mini の使い道

かれこれ10年前にフィリップが購入して使っていた初代iPad mini。その後iPadを買ったので、母にプレゼントして大層喜ばれたものです。母はこのフィリップのお下がりのiPad miniを、亡くなるまで何年も愛用してくれていました。

なにしろ古いし、母がわけもわからずいろいろなところを押すもので時々フリーズ。そのたび大騒ぎで、LINEに「大変なの!なんだか急に画面が出なくなっちゃったから、悪いけど直しに来てくれる?」とメッセージが入ったものです。

私が行けず、フィリップが駆けつけた時には母は恐縮して、父にお供えしていた山崎のボトルをお礼に持たせてくれたりして。そういうことなら、何度でも行きますよとフィリップが笑っていたっけ。

あれから2年。使う人が居なくなってしまい、ひっそりと引き出しにしまっていましたが、昨日そうだ!と引っ張り出して来て・・・はい、煤(すす)、どうぞ!

と、猫用ゲームを見せてみました。

意外にも、すすはすぐに飛びつくタイプではなく、何十分もずっと真剣にネズミを観察しているのでした。

そのうち絨毯をがりがりやり始めたので、コラ!と慌ててストップ。

ごめん、場所が悪かったよね。別の所でまたね。でもやっぱり、こんな小さな画面なんかより、窓から庭を見てる方が楽しいのだろうね。

なにはともあれ、初代iPad miniの使い道が見つかって良かった。使いこなしてもらいましょう。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ



2022年8月13日土曜日

煤(すす)と暮らす〜まだまだお薬にゃん

昨日の朝、また宇宙船みたいなリュックに乗って、マミィとパパと獣医さんのところへ行ったにゃん。

すすはずるしないで、ちゃんとお薬のんでいたのに、傷のところにぷにゅぷにゅしたものが、でべそみたいに出っぱってるのにゃん。傷は綺麗にふさがってるし、最初のぼっこりに比べれば、そりゃだいぶ良くなってるけど、カンペキに治ってない証拠にゃん(泣)。

それで獣医さんが、またお薬(消炎剤とかいうやつ)を8日分。えぇぇ、まだあんなものをのまなくちゃいけないなんて、最低にゃん。



でもどうやら、これをのんでも治らないと、コワイことになるらしいのにゃん。すす、獣医さんとマミィの会話が聞こえたのにゃん。

もう手術なんていやだし、あの変なお洋服は金輪際着たくないから、仕方にゃい、がんばってのむにゃん。でべそなんて、思い切り息吸い込んで引っ込めてやるにゃん!

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月12日金曜日

阿呆に効く にんにくひとつ くださいな

そういえば4年前の8月、まだ六ヶ所村で欧州研究者たちと働いていた頃、「そうだ、スペイン語もやってみよう!」と思い立ち、何十年も触れていなかったスペイン語の勉強を始めたことがあります。確か1年間位は熱心に CD を聴いていましたが、いつの間にかすっかり飽きてやめてしまいました(恥)。

あれはまだ30代の頃、なにを思ったかスペイン語会話学校に通っておりました。それもたった一年間ほどでしたが、真剣に勉強したので、案外話せるようになりました。

さっそく格安ツアーでマドリッド、バルセロナ、セビリア、グラナダなどを巡り、レストランやお店で地元の人たちとの会話を試してみたところ、話が通じて大層嬉しかった記憶があります。

また、ロエベ本店で、習いたてのスペイン語を駆使してお買い物の相談をしていたら、スペイン人の店員に「あなた、よければこの店で一緒に働きませんか?」と誘われて、大層気を良くした覚えがあります(自慢)。

と、どうでもよい過去の栄光(?)は置いておいて。4年前にもこのブログに投稿したことがあるのですが、スペイン語単語を使って作った、実にくだらない川柳をいくつかご紹介いたしましょう。

vaca (バカ)ー雌牛
「馬鹿にする 奴こそ愚かと 牛が啼く」

quiero (キエロ)ー私は~したいのですが
「欲しいのに 消えろと吠えて ほぞをかむ」

taberna(タベルナ)ー居酒屋
「大将が もう食べるなと 言うまいか」

vivir (ビビル)ー生きる
「ビビるほど 怖くはないよ 生きるのは」

jamon (ハモン)ー生ハム
「こんなハム 誰が買うかと 破門され」

calamar(カラマル)ーイカ
「天日干し 足の絡まる スルメイカ」

cola(コラ)ー行列
「コラそこの! 列に並べよ 中国人」

temprano(テンプラノ)ー早く
「天婦羅の 旨くて早い 番丁庵

わははは、やっぱり勉強より、言葉遊びの方が楽しいよなぁ(向上心まるでなし)。

ajo (アホ)ーにんにく
「阿呆に効く にんにくひとつ くださいな」
 
すす「え、阿呆って、あたちのこと?」
マミィ「ううん、すすは賢いよ。だから、わざと悪戯するのはやめようね。」

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   

にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月11日木曜日

思い出の飛翔

今日ご紹介するのは、ノルマンディ在住時代に和紙や着物のハギレで作っていたアートもどきのひとつで、「思い出の飛翔」と名付けた大きめの額です。


思い出が蘭の花に形を変えて、自由奔放に青空を舞っています(←ちょっと頭がおかしくて、我ながら少し心配になります 笑)。

母が5歳の時に着たという着物を大事に取っていて、私が子供の時に仕立て直して着せてくれました。

(兄と子豚のバムセ時代の私)

その着物のハギレを蘭の花に使った、まさに思い出深い額なのです。当時、この額に合わせて作った詩もどきはこちらです。

Au début de l’été,
Mes souvenirs s’envolent avec le vent de la mer,
Comme font les fleurs, les insectes, les mouchoirs ou la poussière,
En toute liberté ils s’envolent dans le ciel bleu.

En plein été,
Mes souvenirs parlent avec ma mère,
Comme font les oiseaux, la brise, les ruisseaux ou les vacancières,
Joyeusement ils parlent de mon enfance.

初夏に、
私の思い出は海風と共に舞い上がる
まるで花、昆虫、鼻紙、ほこりのように
自由奔放に青空を飛ぶ。

真夏に、
私の思い出は母と共にお喋りする、
まるで鳥、そよ風、小川、バカンス客のように、
嬉々として私の子供時代の話をする。

この思い出の詰まった額は、シェルブールでカーヴ(私たちが大好きで、よく通っていたCave Mancel )を営んでいたステファンとソフィー夫妻にプレゼントさせていただきました。


あぁ、懐かしい!お二人は今頃どこでどうしていらっしゃるかしら!

(マミィ何言ってんだかと大あくびのすす)

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月10日水曜日

煤(すす)と暮らす〜PCって超楽しいにゃん

以前「プリンターをガン見にゃん」でも書きましたが、ほとんどの猫がそうであるように、煤(すす)もPCディスプレイが大好きで。

我が敬愛する兄が「世界ネコの日限定『Googleで猫を検査すると、画面に猫の手が伸びてくる』」なる楽しいURLをLINEしてくれたので、さっそくすすとやってみました。


私が面白がって、しつこくクリックし続けていたので、すすはいくらか引き気味ですにゃ。

クリック音と共にジャカジャカと聞こえるのは、背後ですすのハイテクトイレが回転して、おから猫砂が落ちる音であります。

引き続き、今度は猫用アニメ(走り回るネズミ、猫じゃらし、羽ばたく鳥たちなど)を見せたら、たちまちハイになり、ディスプレイの上部にジャンプして乗っかったり、ディスプレイ裏に鼻を突っ込んで離れなくなったりで大騒ぎになり、慌てて消しました。

画面が消えても、じっと真剣に見続けていたすす。
そしてやっと諦めて、むにゃむにゃ、夢の中へ。

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月9日火曜日

猫ブログランキングにも参加してみました

昨日、すすのエリザベスウェアを脱がせることができました。腫れはまだありますが、傷自体は綺麗です。

すすは大喜びで、さっそく隠れていた部分の毛づくろいに精を出していました。なるべく傷は舐めさせないようにしないと!


さて、みなさん、Douce France (ドゥース・フランス)ブログをご愛読くださり、ありがとうございます。

少し前から、にほんブログ村ランキングの参加テーマを、外国語部門「フランス語」だけでなく、「猫ブログ」も加えてみておりました。なぜなら、ご覧の通り、このブログで愛猫の煤(すす)の占める割合が大きくなってきたからでございます。

「猫ブログ」ランキングに登録しているブログは、なんと28,420サイトもあります。全国のブロガーたちがそれぞれの愛猫たちについてあれこれ語っています。いくつかのお気に入りブログを興味深く読むと共に、日本での猫人気の高さを実感せずにはいられません。

また、複数の猫たちや、犬と一緒に飼っていらっしゃる方が少なくないので驚きます。うちはもう、すす一匹だけで手一杯なので、心底感心してしまいます。

そんなわけで、これからは投稿の最後の「フランス語」ボタンにほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   に加え、こちらの様な、すすの写真付き「猫ブログ」バナーを設置しておりますので、
にほんブログ村 猫ブログへ 

どちらかをポチッとしていただけると幸いです。どちらかひとつをクリックすれば、自動的に1クリック分の10ポイントが配分されて、両部門にそれぞれカウントされるしくみです。

始めたばかりの猫ブログランキング。今朝はまだ135位あたりをうろうろとしています。まだまだ上は遠いな、でもせめてトップ30位内位に入ると嬉しいな!と願っております。今後ともよろしくお願いいたします!

ポチッと応援よろしくにゃん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月8日月曜日

煤(すす)と暮らす〜パパの肩は落ち着くにゃん

縫合糸アレルギーで、傷部分が盛り上がって来て私たちを慌てさせた煤(すす)。幸いお薬がよく効いて、少しずつ腫れが引いてきました。

術後10日経って、ますます甘えん坊度上昇中。最近は、私たちが出かけてしまうと窓辺でじっと待っていて、窓越しに戻って来たのが見えると玄関の方へ移動してきて、ミャアと出迎えてくれます。

ごはん時間前にミャウミャウと大騒ぎするのはもちろん、お腹がいっぱいになってもかまってほしくて、ミャーミャーとより高い声で甘えて来るのです。

特にパパへの愛に溢れております。昨日は食事が終わったパパにすりすり始まり、腕の中では飽き足らず、よじのぼって肩へ。フィリップは支えていないのですが、爪も立てずにしっかりとしがみついております。

どんなポジションなのか、後ろから見ていただくとよくわかりますよ。

今日で9ヵ月になった愛娘であります。今はまだ軽いからいいものの、成猫になったらこうはいかないでしょうねぇ。

ちなみに、エジプシャンマウのメスは、2.7〜4.6kgくらいになるそうです。すすはおとなになってもこんなに甘えてくれるのかしら。

フランス語と猫ブログランキング参加中❗️
下のボタンをどちらか
ぽちっと応援よろしくお願いにゃん❤️

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ   
にほんブログ村 猫ブログへ

2022年8月7日日曜日

煤(すす)と暮らす〜またお薬にゃん

金曜日の朝、またお出かけ用のリュックサックに入れられて、パパとマミィと一緒に獣医さんのところに行ったにゃん。傷がぼっこり腫れてきたって、二人が凄く心配してたのにゃん。お洋服のせいですすには見えないし、痛くないから全然わからなかったにゃん。

獣医さんが診て、内側を縫った糸にアレルギー反応を起こしているのでしょうって言ったにゃん。内側は、外側とは違って1〜2か月で自然に溶ける糸で縫ってあるらしいにゃん。外側は、もう傷が綺麗にくっついているからって、ハサミで糸をチョキンチョキンと切って抜いてくれたにゃん。

獣医さんが「すすちゃんにはいろんなことが起こりますねぇ〜。次はなにかしらねぇ〜。」って冗談言って笑ったにゃん。おもしろがり屋なマミィだけど、この時は悲しそうな顔してたにゃん。

そんなわけで、また8日間のお薬人生が始まったにゃん。お薬は嫌だけど、だんだん良くなってるって、パパとマミィがにこにこ喜んでるにゃん。心配かけたくないから、がんばって苦いのごくんってするにゃん。

それにしてもこのへんてこなお洋服、暑いし痒いしいらいらする・・・早く脱がせてにゃん!

ぽちっと応援よろしくお願いにゃん❤️
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ